日本でスペイン語を活かせるお仕事とは?在宅やフリーランスとして活躍できるお仕事もたくさんです!

young woman surfing laptop in kitchen キャリア
Photo by Ekaterina Bolovtsova on Pexels.com

あながたスペイン語が堪能で日本でスペイン語を使ったお仕事を探されている場合、どの様なお仕事があるのでしょうか。

実際のところ英語と比較してスペイン語を使ったお仕事の数は日本国内にあまり多くはありません。

ただ日本でスペイン語を活かしたお仕事を探すことは可能で、外国語講師、翻訳、通訳、ガイド、コールセンター、大使館職員などがあります。仕事によっては在宅勤務や海外にいながらお仕事ができるものもあります。

日本でスペイン語を活かせるお仕事についてみていきましょう。

外国語の講師

外国人や日本人に対して日本語を教えたりスペイン語を教えるお仕事です。

日本や海外に住んでいる外国人の方に対して日本語を教えたり、日本人の方に対してスペイン語を教えるお仕事です。外国語が好きな方や人に何かを教えることが好きな方には向いているお仕事かと思います。外国語の教師の場合、在宅勤務も可能な場合が多いです。

スペイン語教師の場合時給は3,000~10,000円程、日本語教師の場合時給相場は1,500~1,800円程(スタート時)が多いです。

翻訳

在宅やフリーランスとして活躍したい方におすすめなのが翻訳です。

翻訳の場合、正社員、派遣、フリーランスとして仕事をすることができます。場合によっては在宅で仕事ができるので隙間時間を活用されたい方にとってはおすすめです。

通訳

外国語を学ばれている方であれば通訳は憧れのお仕事かもしれません。

日本国内でスペイン語の通訳のお仕事の数はあまり多くはありませんが、実際に発生することもあります。

通訳のお仕事は、会議通訳や現場通訳などがあります。通訳として経験を積むと1日数万円~10万円程稼ぐことも可能です。

通訳ガイド

通訳ガイドは、海外からの訪日外国人の方に対して外国語を使って案内するお仕事を指します。

近年の日本ブームにより訪日外国人数は増加傾向にあり、通訳ガイドの需要は高まりつつあります。例えば、観光地の案内や空港での案内にて通訳ガイドが活躍をされています。あなたがスペイン語や英語がお得意であれば活躍できる場所は多くあるでしょう。

通訳ガイドの場合、日当が一般的で、1日3万円前後の給与が期待できます。

テープ起こし

テープ起こしとは、会議などのスペイン語の音声を日本語に書き起こすお仕事です。

こちらも在宅が可能な場合が多いですので、副業をされたい方にもおすすめのお仕事です。

給与相場は音声により異なりますが、1時間の音声を書き起こしてだいたい1万円前後といったところです。

接客業

近年の日本へのインバウンド需要の高まりにより訪日外国人に対して接客できる人材が求められつつあります。

日本国内の飲食業、小売業、サービス業を中心にスペイン語を使える方の需要も高まっています。

コールセンター

スペイン語に限らず外国語が得意な方が就きやすいコールセンターのお仕事です。

一般的に、コールセンター業務は派遣が多く、時給で1,500円から2,000円前後位が目安です。

在日大使館

日本にいながら海外で働く様な環境でお仕事ができるのが在日大使館の特徴です。

日本にある在日大使館でスペイン語が公用語になっている国は約20カ国あると言われています。在日大使館のお仕事は、海外のその国と日本との友好関係の構築に貢献することです。具体的なお仕事内容は、大使館の規模により変わりますが、秘書、通訳、管理部、政治部、広報部、文化部、商務部、などが挙げられます。その他、派遣されてくる外交官に日本の情報を伝えたり、その国の文化を日本へ紹介することが主な業務となります。在日大使館の求人は、

空きが発生したらその都度募集がかかりますのでこまめに求人情報を確認する様にしましょう。

まとめ

日本でスペイン語を活かせるお仕事に関してみていきました。あなたが日本にいてスペイン語を使ったお仕事を探される場合、派遣、単発、アルバイトなどのお仕事が中心になることが多いです。ただ、経験やスキルを身につければフリーランスとして活躍することもできることでしょう。また、いくつかのお仕事は在宅勤務でお仕事ができるものもあります。あなたに合ったスペイン語を活かせるお仕事が見つかることを願っています。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました