ユネスコ世界無形文化遺産に登録されたメキシコ料理ってどんな料理?

メキシコ

ユネスコ世界無形文化遺産に登録されたメキシコ料理。日本ではタコス等を思い浮かべる方が大勢いらっしゃるかと思います。実際のメキシコ料理はとはどのような食べ物なのでしょうか。その特徴について簡単にまとめましたのでぜひご覧ください。

ユネスコ無形文化遺産とは

ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)は、諸国民の教育、科学、文化の協力と交流を通じて、国際平和と人類の福祉の促進を目的とした国際連合の専門機関です。

無形文化遺産とは、ユネスコが取り組む遺産事業の一つで芸能や伝統工芸技術など「形のない文化」を対象とします。有名な「世界遺産」も、ユネスコの遺産事業の一つですが、有形遺産ですので全く別物です。

現在、無形文化遺産には、土地の歴史や生活風習などと密接に関わる文化、281件が登録されており、日本では、「歌舞伎」や「能楽」などが登録されています。

ユネスコ無形文化遺産に登録された食文化

ユネスコ無形文化遺産に登録されている食文化は数多く在ります。日本の和食も登録がされています。その他、韓国、トルコ、クルジア、フランス、地中海料理、などの食文化もユネスコ無形文化遺産に登録がされています。

  • メキシコの伝統料理(メキシコ)
  • 和食:日本人の伝統的な食文化(日本)
  • キムジャン:キムチの製造と分配(韓国)
  • トルココーヒーの文化と伝統(トルコ)
  • クヴェヴリ(クルジア)
  • フランスの美食術(フランス)
  • 地中海料理(スペイン、ギリシャ、イタリア、モロッコ、キプロス、クロアチア、ポルトガル)
  • ケシケキの伝統(トルコ)

メキシコ料理について

日本ではあまり馴染みがないメキシコ料理。タコスやブリトーは有名ですが、実際のメキシコ料理とはどの様な料理なのでしょうか。メキシコ料理について見ていきましょう。

テクス・メクス料理

日本のメキシコ料理でいうとタコスやブリトーを想像される方も多いかと思います。私たちが考えるメキシコ料理というのは実はアメリカ南部で生まれた「テクス・メクス料理」であることが多いです。

テクス・メクス料理とは一般的にメキシコ風のアメリカ料理のことです。また、メキシコ料理と近縁の、テキサス州独自の料理でもあります。私が実際にテキサス州にいた時もメキシコ料理のファストフード(Taco Bell)がある等、テクス・メクス料理を至る所で見つけることができました。戦後の1950年代にこのテキス・メクス料理が日本に伝えられ、日本人の味覚に合うようにその形を変えてきました。

私たちが知るメキシコ料理はこのテクス・メクス料理であることがほとんどで、それはメキシコ料理全体のほんの一部でしかありません。実際のメキシコ料理は多種多様な食材、味、食感などが特徴であり、メキシコ料理の本質を知っている日本人の方は実はそこまで多くはないのです。

伝統的なメキシコ料理

実際のメキシコ料理は、数千年も前から、豊富な食材を採用し様々な調理法が開発されており、年々そのバリエーションが開発されるとともに料理の深みが増しています。

本物のメキシコ料理は、私たちが知るタコスやグアカモレだけではなく、肉類や魚介類、野菜や果物、淡水や塩水に生息する魚類など多種多様な食材を含みます。また、メキシコではその土地特有のレシピで作る様々なソースやサルサがあるのが大きな特徴です。

近年のメキシコ料理

メキシコでは、近代的なメキシコ料理と伝統的なメキシコ料理が混在しています。

近代的なメキシコ料理は、主に都市部で提供されている料理です。都市部では、メキシコならではの食材や伝統的なレシピを守りながらも、独自の創意工夫を凝らした料理であることが特徴です。また、都市部を中心にオーガニックフード、健康的なメキシコ料理、伝統的なメキシコ料理、が人気を集めるなど、都市部で食のバリエーションが広がりつつあります。

一方で伝統的なメキシコ料理は、先住民が暮らす村々や各家庭で食べられる料理です。こちらでは、伝統的な味を守り継承されているのが主な特徴です。

まとめ

メキシコ料理に関して記述をしていきました。和食と並びユネスコ世界無形文化遺産に登録がされているメキシコ料理。日本ではそこまで認知されてはいないですが、世界的にメキシコ料理の文化が認められつつあります。日本ではアメリカ風メキシコ料理が人気でありそれを思い浮かべる方が大勢いらっしゃいますが、実際のメキシコ料理は、豊富な食材が使われ多岐に渡る調理法が存在する奥の深い食文化です。メキシコ料理の魅力が少しでもあなたに伝われば幸いです。

参照:メキシコ料理大全, 誠文堂新光社

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました