メキシコの通勤手段や通勤方法について

メキシコ

メキシコに住んでいらっしゃる方の中には、メキシコの通勤手段のイメージがつかない方もいらっしゃるかと思います。本記事ではあなたがメキシコで働かれた際の、想定される通勤手段に関してまとめていきます。

メキシコの通勤手段

あなたがメキシコで通勤をする場合、都市部か地方かによっても変わってきますが、通勤手段は主に公共交通機関、社内バス・社用車、自家用車、Uber・タクシー、その他となります。

公共交通機関

メキシコでは地元の方を中心に多くの方が公共交通機関を利用しています。

公共交通機関には、地下鉄、電車、市内バス等が含まれます。メキシコシティといった都市部ではより地下鉄、路面電車、市内バスなどが使われています。地方では主に市内バスが通勤の足となっています。

メキシコの公共交通機関は日本と比較して圧倒的に料金が安いのが特徴です。地下鉄は1回5ペソ(25円程)、路面電車は1回3ペソ(15円程)、バスは1回3ペソ〜6ペソ(15円〜30円 程)、です。

社内バス・社用車

メキシコの企業の中には社内バスを手配したり、社用車を貸与する企業もあります。

社内バスや社用車を貸与する企業は、地方に工場を構える企業であることが多いです。

社内バスに関しては、車を持っていない方や車の免許を持っていない方が多く利用している印象です。企業によっては、現場作業者の方が社用バスを使用し、事務職の方は自家用車で通勤している場合もあります。

社用車に関して、いくらかの日系企業では社員へ車を貸与をする場合があります。ただ、社用車を貸与する日系企業はそこまで多くなく、私の印象としては日系企業全体の10%位の印象です。営業職など外勤が多く伴う職種に関してはより車の貸与がされている印象です。ちなみに、社用車は通勤のためだけではなく、普段の生活にも使用できることがほとんどです。

自家用車

自家用車で通勤される方も多くいらっしゃいます。こちらは都市部や地方の両方で多い通勤手段です。メキシコは車社会です。特に地方の場合、自家用車がないと通勤や生活が大変不便であることが多いです。もしあなたが車の運転に問題がなく車を購入できる経済力があるのであれば、自家用車をご用意されることをお勧めいたします。

Uber・タクシー

メキシコではUberやタクシーを使用して通勤される方が多いです。特にUberは安価で安全に利用できるため、Uberを使用して通勤される日本人の方も大勢いらっしゃいます。メキシコではタクシーの数も多いですが、安全性の観点からタクシーよりもUberの利用を推奨いたします。Uberの使用料金ですが、7.25ペソ(35円程)の「基本料金」に、1分あたり3.50ペソ(18円程)または1キロメートルあたり7ペソ(35円程)が加算されます。あなたが車をお持ちではなく、短中距離の通勤をされていらっしゃるのであれば、Uberは大変お勧めです。

その他

徒歩、自転車、スクーター、原付、バイク、などで通勤される方もいらっしゃいます。メキシコは車社会ですので、ことのような手段を使用される際には安全に気をつけましょう。また、メキシコでは窃盗や盗難が多いため、鍵を二重にかけるなど、被害に合わないための対策は必要です。

まとめ

メキシコの通勤手段に関してまとめていきました。メキシコでは公共交通機関、社内バスや社用車、自家用車、Uberやタクシー、などで通われる方が多いです。一番便利なのは自家用車ですが、車の購入費用や税金等でコストが高くつきます。公共交通期間やUberですと、料金が安いため交通費を抑えることができます。企業によっては社内バスの手配や社用車の貸与がある場合がありますので、ご入社前にきちんと確認されるのが良いでしょう。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました