メキシコでの営業職

メキシコ

こんにちは!今回はメキシコの「営業職」について書いていきます。
大学でスペイン語を学ばれた方、スペイン語圏へ留学したことがある方、将来的にスペイン語を使ってお仕事をしたいという方の中で、メキシコでの「営業職」というお仕事に興味を持っている方も大勢いらっしゃるかと思います。本日はメキシコの日系企業の「営業職」についてお伝えします。

メキシコのお仕事

メキシコの日系企業のお仕事の場合、自動車関連が多いです。それはメキシコでは製造業が基幹産業であり、自動車関連が主要な産業となっているためです。実際に多くの自動車関連の日系企業がメキシコへ進出をしています。仮にあなたがメキシコの日系企業でお仕事を探される場合、自動車関連企業のお仕事の選択肢は増えることでしょう。

日系企業の製造業の中でも、特に多いお仕事は、通訳、営業、総務、エンジニアのお仕事となります。今回の記事では特に需要が高いと言われる営業職に関して書いていきます。

メキシコの営業職

仕事内容

営業職は人気の職種です。仕事内容として、主にメキシコにある他の日系企業に対しての営業が中心です。企業によっては、欧米系の企業や現地企業への営業をすることもあります。メキシコでの営業職は、既存の顧客に対して関係性を深め新たなニーズを探ったり取引を増やしていくような深耕営業と、新規の顧客に対しての新規営業、を担当することが多いです。

語学要件

スペイン語レベルとしては、「DELE B1」程度を求める企業が多いです。もちろんスペイン語がビジネスレベル以上が理想ではありますが、日常会話レベル程度でも採用可能な場合が多いです。日系企業の場合、主な取引先は日系企業で担当者は日本人であることが多く、稀に担当者がメキシコ人の場合もあります。そのため、日本語がネイティブレベル、スペイン語が日常会話レベル程度求められます。

給与

営業職の給与に関しては、求職者の能力とスキルで変動しますが、下記が基準かと思います。(単位:MXN、総支給給与)

  • 新卒者:20,000~30,000
  • 経験者:30,000~35,000
  • 即戦力:35,000~50,000
  • 営業とマネジメント 経験者:40,000~60,000

勤務地

営業職の場合、メキシコ全土での就業が可能です。日系の製造業が多く進出をしているバヒオ地域を中心に、メキシコシティやモンテレイ等でも就業が可能です。

メリット

メキシコで営業職に就くメリットは下記です。

  • 昇進や昇格を狙いやすい
  • 日本でも営業職として転職しやすい
  • インセンティブやボーナスが出ることが多い
  • マネジメント職に就くことができる

デメリット

メキシコで営業職に就くデメリットは下記です。

  • 通訳職等と比較して語学を使用する機会が少ない
  • ノルマや数値に追われため、プレッシャーを感じる
  • 他職種と比較して残業が比較的多い

キャリア

メキシコで通訳職に就く場合、下記のようなキャリアアップが可能です。

  • 営業職のスペシャリストとなる
  • 営業のマネージャーとなる
  • 日本で営業職として転職する
  • 他職種にキャリアチェンジする

まとめ

メキシコの営業職に関してまとめていきました。メキシコでは営業職は人気なお仕事で、企業も営業ができる人材を求めています。メキシコで営業力を身につければ、メキシコでのキャリアアップも可能ですし、日本での転職もしやすいです。あなたにあった仕事を見つけるためのご参考になれば幸いです。

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました