スペイン語を学べる大学の偏差値ランキング

メキシコ

大学でスペイン語を本格的に学ばれたい方も大勢いらっしゃるかと思います。本記事では日本にある大学でスペイン語を学べる大学についてご紹介いたします。

スペイン語を学べる大学の偏差値一覧

下記は「みんなの大学情報」が公表している日本でスペイン語を学ぶことができる大学ランキングです。
日本で最も難易度の高い大学は東京外国語大学です。国公立だと東京外国語大学、大阪大学、神戸市外国語大学等が特に難関で、私立大学だと立教大学、同志社大学、津田塾大学、南山大学が難関だとされています。実際にメキシコに住んでいると、確かに下記の大学を卒業された日本人の方も多くメキシコにもいらっしゃっている印象です。

偏差値私立大学国公立大学
67.5東京外国語大学
65.0 立教大学大阪大学
62.5同志社大学神戸市外国語大学
57.5津田塾大学
南山大学
55.0 獨協大学金沢大学
愛知県立大学
52.5神田外語大学
清泉女子大学
京都外国語大学
静岡県立大学
50.0 帝京大学
京都産業大学
関西外国語大学
高知大学
47.5拓殖大学
神奈川大学
摂南大学
45.0 常葉大学琉球大学
みんなの大学情報 参照

スペイン語学習に力を入れている大学のメリット

スペイン語を本格的に学びたい方にとって、上記のような大学へ進学されるとメリットは多いです。
どのようなメリットがあるか見ていきましょう。

スペイン語圏への留学プログラムが充実!

スペインやメキシコ、ペルーなどのスペイン語圏の多くの大学に留学できるチャンスがあります。大学によっては欧米圏やアジア圏とのつながりが多い大学やスペイン語圏の大学への繋がりが深い大学等其々ですので、大学の特色に関しては入学前に確認されるのがおすすめです。

ラテンアメリカ地域との国際イベントが豊富!

スペイン語教育に力を入れている大学ではスペイン語圏やラテンアメリカ地域との繋がりがあるため、日本とその地域との相互理解や友好関係を深めることを目的とした国際イベントや国際シンポジウムなども多く開催されることがあります。

スペイン語を体系的に学ぶことができる!

スペイン語教育制度が整っている大学ですと、大学内で体系的にスペイン語を学ぶことができます。ネイティブ講師との授業は勿論ですが、文法、発音、会話、読み書き、等大学の4年間できちんと学ぶことができます。大学によっては、ラテンアメリカの文化や歴史を学ぶことができたり、スペイン語で卒業論文を執筆できる大学もあります。

資格・検定のサポートが手厚い!

大学によっては、高等学校教諭一種免許状(スペイン語)を取得できる大学や、語学検定試験の受験費用サポートがある大学もあります。

まとめ

日本でスペイン語を学べる大学ランキングについて見ていきました。スペイン語学科があるような大学やスペイン語教育に力を入れている大学ですと、留学プログラムが充実していたり、資格や検定のサポートが手厚かったり、サポート体制が整っています。スペイン語を学びたい方はぜひ大学という施設を大いに利用して、自身のスペイン語力を磨かれるのが良いと思います。

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました