メキシコでの通訳職

メキシコ

こんにちは!今回はメキシコの「通訳職」について書いていきます。
大学でスペイン語を学ばれた方、スペイン語圏へ留学したことがある方、将来的にスペイン語を使ってお仕事をしたいという方の中で、「スペイン語の通訳職」というお仕事に興味を持っている方も大勢いらっしゃるかと思います。そんな方のご参考になるかと思います!

メキシコのお仕事

メキシコの日系企業のお仕事の場合、自動車関連が多いです。それはメキシコでは製造業が基幹産業であり、自動車関連が主要な産業となっているためです。実際に多くの自動車関連の日系企業がメキシコへ進出をしています。仮にあなたがメキシコの日系企業でお仕事を探される場合、自動車関連企業のお仕事の選択肢は増えることでしょう。

日系企業の製造業の中でも、特に多いお仕事は、通訳、営業、総務、エンジニアのお仕事となります。今回の記事では特に需要が高いと言われる通訳職に関して書いていきます。

メキシコの通訳職

通訳職のお仕事内容

通訳職はメキシコの日系の製造業の中で特に需要の高いお仕事だと言われています。通訳職というと会議での通訳や商談での通訳を想像される方も多いかもしれません。実際の通訳職のお仕事は企業によってことなりますが、現場通訳、会議通訳、翻訳、事務が多くなるようです。詳細を見ていきましょう!

現場通訳

製造業での通訳職の場合、主な業務は製造現場での通訳になることが多いです。通訳職は日本人駐在員とメキシコ人社員の橋渡し役として通訳を行います。日本人駐在員はスペイン語を話せないことが多く、メキシコ人エンジニアや現場管理者は日本を話せない場合が多いため、通訳職が必要となります。工場内は広くて人も多いため、現場通訳のお仕事は工場内を歩き回る場合が多いと言われています。そのため通訳職は体力が必要になることが多いでしょう。

会議通訳等

通訳職のお仕事は、社内外の会議通訳、電話通訳、ビデオ会議通訳、などもあります。客先に出向いた会議での通訳が発生する場合もあるようです。場合によっては、駐在員とその家族の各種通訳業務を求める企業もあります。

翻訳

通訳職のお仕事は通訳だけではない場合もあります。翻訳業務が発生する場合も多いです。翻訳は、マニュアルの翻訳業務、その他資料の翻訳業務、メールの翻訳業務などがあるようです。

事務

通訳職において、通訳や翻訳に加えて事務や雑務を求められる場合もあります。ワードやエクセルを使った一般的な書類業務などです。企業によっては通訳職に対して総務や人事などの兼任をお任せする場合もあるようです。

通訳職の語学要件

メキシコで通訳職としてお仕事をする場合、ビジネスレベル以上のスペイン語レベルを求められる場合が多いです。DELE(スペイン語認定証)で言うと、B2レベル以上が目安となります。企業の中には、日常会話レベルでも採用する場合もありますが、通訳職としてお仕事をする場合、ビジネスレベル以上の語学能力が通常必要となるでしょう。また、スペイン語と英語をお話することができれば、通訳職として採用される確率はさらに高くなることでしょう。

通訳職の給与

通訳職は比較的給与水準が高いとされています。製造業の通訳職の相場としては、総支給で25,000~40,000ペソほどでしょう。企業によっては総支給で40,000~70,000ペソほどを支給する場合もあります。

通訳職の勤務地

通訳職の勤務地は日系の自動車会社が位置しているところであることが多いです。特にバヒオ地域が多いと言われています。バヒオ地域には、トヨタ、日産、マツダ、本田、などの大手自動車メーカーが生産を行なっています。そのため、その関連会社や下請け会社もバヒオ地域で生産を行なっている場合が多いです。通訳職は基本的に製造業でのお仕事になるので、通訳職の場合、バヒオ地域での勤務の可能性が高いでしょう。

通訳職のメリット

通訳職のメリットについては以下が考えられます!

  • 語学能力を生かしたり伸ばしたりできる!
  • 通訳、翻訳、事務など複数のお仕事を経験できる!
  • 給与水準が高い!

通訳職のデメリット

通訳職のデメリットに関しては以下があるかもしれません。

  • 雇用が安定しない、短期契約の場合が多い。
  • 通訳職のベテランになるとキャリアチェンジが難しい。
  • 日本でのスペイン語の通訳職の需要が少ない

通訳職のキャリア

通訳職のキャリアとしては主に以下の二つになるかとおもいます。

  • 通訳職としてキャリアアップし、通訳のプロの道へ
  • 通訳職として語学力を磨き、総務・営業・エンジニア等へキャリアチェンジ

一つは、通訳職としてキャリアアップをされる方。もう一つは、通訳職を経験した後にキャリアチェンジする方です。通訳職のプロフェッショナルになれば、企業様によっては5万~7万ペソ、それ以上が支給される場合もあります。また、通訳職として一定の語学力を身につけられてから営業・総務・エンジニアのお仕事にキャリアチェンジしてキャリアアップを目指す方もいらっしゃいます。

まとめ

今回はメキシコの通訳職に関して見ていきました。通訳職は、語学力を活かすためには最適なお仕事なのかもしれません。給与水準が高く、会社では欠かせないお仕事であるため、とても魅力的なお仕事と言えるでしょう。メキシコに関してさらに詳しく知りたいと言う方はお気軽にご相談してください!

2+

コメント

タイトルとURLをコピーしました