メキシコでのお仕事って何があるの?

メキシコ
今回の記事では「メキシコでのお仕事」について書いていきます。日本人がメキシコでお仕事をされる場合どのようなお仕事が多いのでしょうか?メキシコで仕事したい方は必見です!

この記事は下記のような方のご参考になるかと思います。
👉 海外移住や海外就職に興味がある方
👉 スペイン語圏やメキシコへ移住をしたい方
👉 スペイン語圏やメキシコで仕事をしたい方

目次

 ②営業
 ④専門職

➤ メキシコの日系企業
メキシコにある日系企業の数は年々増えており、2018年には約1,200社もの日系企業がメキシコで事業を展開しています!自動車関連(自動車完成品メーカー、自動車部品メーカー)などが多くメキシコへ進出をしています。その他、メーカー、商社、物流、保険・金融、飲食、コンサルタントといった幅広い業界の日系企業がメキシコへ進出をしております。

➤ メキシコでのお仕事
メキシコでの日系企業でのお仕事は主に四つに分けられます。通訳、営業、事務、専門職です。通訳から順に語学要件が高くなります。どの職種でも長期的な雇用が求められている場合が多いです。また、近年では現地採用を管理職に登用するケースが多くなり、マネジメントできる人材がメキシコで求められています。

①通訳・翻訳
非常にニーズが高い職種となります。語学力の目安はDELEのB1、B2レベル以上くらいです。給与は25,000 ~ 40,000MXN(12万5千円 ~20万円)くらいで、ベテランや経験豊富な方だと40,000MXN以上も可能となります。通訳の仕事は幅広いです。現場通訳から会議の通訳など様々です。スペイン語と日本語での通訳業務が中心となりますが、英語での通訳をする仕事もあります。製造業の場合、工場内を歩き回って通訳をすることも多いので意外と体力が必要となる仕事かもしれません。

仕事内容として多いのは以下となります。
・日本人の社員と現地の管理者や作業員との間での双方向の通訳や翻訳
・工場内の通訳などの現場通訳
・会議や商談の場での通訳
・朝礼や会議などで製造現場への指示出し
・空き時間に書類や社内外のメール、契約書類などの文書を翻訳
・その他事務の仕事

②営業
通訳と同等でニーズ高い職種となります。語学力の目安はDELEのB1レベル以上くらいです。企業によってはスペイン語が日常会話レベルかビジネスレベル以上求められる場合があります。給与は30,000~ 35,000MXN (15万円 ~
17万5千円)くらいで、経験やマネージャーをされるかによって給与が高くなる場合もあります。営業職の場合、外勤営業が中心となります。主にメキシコにある日系企業の日本人の方へ向けて営業をすることが多いです。出張を伴う場合もあるようです。

主な仕事内容は以下です。
・営業業務(バヒオ地域を車で回る外勤営業が多いイメージです)
・既存顧客への営業
・新規開拓
・経営に関わる業務:仕入れ管理、設備の購入計画、原価償却

③アドミニストレーター
アドミニストレーターの需要も引き続き高いです。語学力の目安はDELEのA2レベル以上くらいです。当たり前ですが、スペイン能力が高い方が採用はされやすいようですし、仕事でも活躍しやすいです。給与は25,000~ 35,000MXN (12万5千円 ~ 17万5千円)くらいが多いとされています。アドミニストレーターは総務や人事などがあります。メキシコの日系企業では総務+営業サポート、総務+通訳など兼業をすることが多いです。その他や雑務や事務が全般となります。

主な業務について書いていきます。
・総務
・人事
・営業サポート
・駐在員のVISAや生活のサポート
・公的手続きや公的文書の処理
・請求書の発行など事務や雑務全般

④専門職
専門職とは例えば、工場長、生産管理、製造管理、品質管理、エンジニア、経理、シェフ、といった仕事です。技術さえあれば、語学力はあまり求められることはないようです。また、技術を伴えば高給与や高待遇も可能となります。

➤ まとめ
今回の記事では「メキシコでのお仕事」について書いていきました。まとめると以下の通りです。
・メキシコで日系企業は増加傾向にあり、現在約1,200社が進出をしています!
・メキシコでの日系企業での主なお仕事は、通訳、営業、事務、専門職!
・長期的にかつ将来的に会社の管理ができるような方が求められています!

メキシコでも様々なお仕事に挑戦ができますし、キャリアアップも可能です。
「海外で仕事をしたい!」や「スペイン語を使った仕事をしたい!」という方は、メキシコでのお仕事も検討してみてはいかがでしょうか?

 
 
2+

コメント

タイトルとURLをコピーしました