海外での携帯電話の使用方法

海外生活
今回の記事では「海外での携帯電話の使用方法」について書いていきます。あなたもご存知の通り、日本で使っている携帯をそのまま海外へ持参されても使用ができません。ではどのように海外で携帯電話が使用できるのでしょうか。今回は長期的に海外に住まれる場合で考えていきたいと思います。

この記事は下記のような方のご参考になるかと思います。

👉 将来的に海外で生活をしたい人
👉 海外で生活することが決まっている人

目次

➤海外で携帯を使う方法
あなたが海外で携帯電話を使用したい場合、方法はいくつかあります。短期の海外滞在の場合、現地のフリーWifiのみを使用したり、海外用モバイルWifiルーターをレンタルする方法もあることでしょう。ただこういった方法は長期の滞在にはあまり向きません。下記に長期の海外滞在の場合における携帯電話の使用方法について書いていきます。

① 海外で携帯電話を購入する
海外で携帯電話を購入して使用します。海外でもiPhone、SUMSUNG、HUAWEIなどの携帯が購入可能です。また、リスクはありますが中古スマホの購入も可能でしょう。日本の携帯と海外で購入された携帯の2台持ちも便利です。例えば、日本の携帯はフリーWifiのあるところで使用して、海外で購入した携帯は電話用にするなどして使い分ければ、電話料金を節約できるかもしれません。

② 日本でSIMフリーの携帯電話を購入する
日本でSIMフリー携帯を購入して海外で使用します。SIMフリー携帯とは、キャリア(docomo, au,Softbankなど契約している通信サービス会社)に関係なく、あなたの好きなSIMカードを使用して電話やインターネットが使える携帯をさします。SIMフリー携帯を購入して、あなたが住む国のSIMカードを差し込めば、その国で電話やインターネットが可能となります。

③ 現在使用している携帯電話をSIM解除する
あなたが現在日本で使用している携帯電話を使用して、海外で電話やインターネットが可能になる方法です。日本で使用している携帯電話がSIMロック状態であれば、それを海外で使用することはできません。海外であなたの携帯電話を使用するためには、携帯電話のSIM解除が必要となります。SIM解除してからは携帯がSIMフリー状態になるので、海外で購入したSIMカードを使って海外での使用が可能となります。携帯電話のSIM解除ですが、現在お使いのキャリアにご相談されることをご推奨します。

➤ 携帯の解約?それとも保管?
あなたが日本で大手通信キャリアを使用している場合、あなたの日本での電話番号やメールアドレスを保管することと解約することができます。解約すると解約手数料以外の費用は発生しません。ただ、電話番号を手放す必要があります。また、海外から帰ってきたタイミングで新しく番号を作り直す手間が発生するのがネックとなります。保管する場合、海外から帰ってきたタイミングで番号とメールアドレスの使用を再開することができます。そして、保管には手続き手数料と保管料がかかりますが、そこまで大きな出費とはなりません。例えば、SoftBankの場合、事務手数料3,000円と月額390円で保管が可能となります。

➤ まとめ
本日は、「海外での携帯電話の使用」について書いていきました。あなたが海外で携帯を使う際に、あなたが日本で使用している携帯電話を海外で使用することも可能ですし、海外で新しく携帯電話を購入して使うことも可能です。あなたにあった携帯電話の使用方法を考えてみましょう!

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました