世界幸福度ランキング

海外生活
今回の記事では「世界の幸福度ランキング」について書いていきます。他国と比較すると経済が安定しており治安が安全なイメージの日本ですが、国民の幸福度は世界で比較すると高いのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

この記事は下記のような方のご参考になるかと思います。
👉 海外の生活に興味がある方
👉 将来的に海外に住みたいと考えている方

目次
・世界の幸福度ランキング
・日本の幸福度ランキング
・まとめ

➤ 世界の幸福度ランキング
国連は3月20日、2020年版の「世界幸福度報告書」を発行し、世界幸福度ランキングを発表しました。世界156カ国、186の都市が対象となっています。ランキングの首位は3年連続でフィンランド。日本は2018年の54位、2019年の58位からさらに4位後退し、62位となりました。測ることが難しい「幸福度」ですが、各国の対象者にQOL(生活の質/人生の満足度)を0〜10で測ります。また、「1人あたりの国内総生産(GDP)」「社会福祉」「自由度」「健康・寿命」「社会の寛容性」「(汚職など)腐敗度」の6つの項目からも数値化。数値が高いほど、国民の幸福度が高いとされます。

世界幸福度ランキング(2020年)
1. フィンランド
2. デンマーク
3. スイス
4.アイスランド
5. ノルウェー
6. オランダ
7. スウェーデン
8.ニュージランド
9. オーストリア
10. ルクセンブルク
11.カナダ
12. オーストラリア
13. 英国
14. イスラエル
15.コスタリカ
16. アイルランド
17. ドイツ
18. 米国
19.チェコ
20. ベルギー

24. メキシコ

62. 日本

トップはは3年連続でフィンランドとなりました。北欧諸国が上位を連ね、カナダ11位、イギリス13位、ドイツ17位、アメリカ18位、フランス24位、イタリア30位。一方、日本は62位という結果になりました。アジア圏では、台湾25位、サウジアラビア27位、シンガポール31位、フィリピン52位、タイ54位、韓国61位、香港78位、中国94位となりました。最下位はアフガニスタンです。

➤ 日本の幸福度ランキング
日本は幸福度ランキングが過去最低の62位となっております。先進国の中で最低水準です。評価項目では、「GDP」と「健康寿命」で高い数値を誇っています。ただ、「汚職の無さ」「社会的支援」、特に「社会的自由」と「寛容さ(他者への寛大さ)」の数値が低くなっています。さらに日本人は「人生評価/主観満足度」が非常に低い評価点とされています。
つまり、日本は経済的に恵まれており健康的な方も多い国ではありますが、自己評価で幸せだと評価する方が少ない国と言えるでしょう。また汚職や社会制度といった面で課題が見られるのかもしれません。

➤まとめ
世界の幸福度について書いていきました。北欧諸国や欧米圏は幸福度が比較的高く、日本を含めたアジア圏は全体的に幸福度としてはあまり高くない結果となりました。日本人の気質として幸福であると自己評価するのは難しいのかもしれませんが、国民一人一人がより幸せを実感できるような社会になることを願いたいばかりです。

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました