アメリカ旅行記 ~サンアントニオ~

旅行

2014年12月16日、サンアントニオ。

サンアントニオはテキサス州に位置しており、アメリカ南部のメキシコとの国境沿いにあります。サンアントニオは州内でもヒューストンやダラスに次ぐ第3の都市とされています。1836年まではメキシコ領、1845年まではテキサス共和国だった場所です。スペインやメキシコの統治下に置かれ、独立を果たしてサンアントニオ。統治下時代の雰囲気が残る魅力たくさんの街を観光していきます!

「Market Square」→「River Walk」→「The Alamo」の順に観光をしていきます。世界遺産の「The Alamo」が見られるのがとても楽しみです!

私たちが最初に向かったのは「Market Square 」です。目的は「Little Mexico」を回ること!こちらではメキシコの魅力がたくさん詰まっています。

メキシカンな小物や食べ物も多く販売されていて、メキシコに来たのではないかと思ってしまうほどです!市場の雰囲気もメキシコのものとほとんど変わらない気がしました。カラフルなのはメキシコの特徴です。思わず写真を撮ってしまいます(笑)

次が「River Walk」です。サンアントニオでは特に有名な観光地です。過去に造られた水路が現在では観光地となっており、ボートに乗って水路を進みながらガイドを受けることができます。今回は乗りませんでしたが、いつかまた来た時にはボートに乗ってみたいです(笑)

「River Walk」を後にして、周辺を歩いていきます。

そんなこんなで本日のメイン、「The Alamo」に到着です!「The Alamo」とは、スペインの植民地だった時代にキリスト教を広めるためにつくられた施設です。現在は資料館と公園になっています。アラモ伝道所を含めた周辺の5箇所の伝道所が世界文化遺産に登録されています。「The Alamo」はテキサスのメキシコからの独立を巡る「アラモの戦い」の舞台でもあります。資料館では当時の歴史を学ぶことができます。

サンアントニオって水路が流れていて綺麗な街であるのと同時に、スペインやメキシコの統治下にありながら独立を果たして歴史のある街です。街を満喫するのと歴史を学べた一日でした。

このあと、夜ににジョシュの友達との食事会があり、濃い一日が終了です。明日はついに私自身8年ぶりくらいのメキシコへ入国です!お楽しみに〜

前の記事→アメリカ旅行記 ~ 旅の始まり~

1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました