日本でスペイン語を使う仕事について

キャリア
日本でスペイン語を使える仕事はあるが、英語と比べると求人数は乏しい!
興味がある求人が出るまで求人サイトを小まめにチェックしよう!

世界で最も多く話されている言語の一つであるスペイン語。
日本でも多くの方がスペイン語を学ばれていらっしゃるかと思います。
そんなスペイン語を使った仕事は国内にどれくらいあるのでしょうか?
今回の記事では、日本にあるスペイン語の仕事について書きます。

1. 日本でスペイン語を使った仕事の種類
日本でスペイン語を使用できる仕事はたくさんあります。営業、エンジニア、財務、通訳、翻訳、事務など様々な職種で募集がされています。雇用形態も、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトと多種多様です。求人の中には、採用されて数年後にスペイン語圏へ駐在が可能な求人もあります。ただその場合には求められるスペイン語力や他スキルや経験の要件は高くなります。その他、スペイン語学習者に人気の通訳や翻訳は契約社員や派遣社員、アルバイトの契約が多いと言われています。またスペイン語のみで仕事ができる求人は国内に多くはないようです。

2. 日本でスペイン語を使った仕事に就くメリット
・海外へ出る必要がない
・ビザ申請等の特別な手続きが必要ない
・海外出張や海外駐在ができる可能性がある

3. 日本でスペイン語を使った仕事に就くデメリット
・求人の数が決して多くない
・正社員案件ばかりではない
・スペイン語のみを使える可能性は低い

4. スペイン語の求人サイト
インスティトゥト・セルバンテス東京
マイナビ転職グローバル
Indeed
リクナビNEXT
求人ボックス

Photo by Samson on Unsplash
5. まとめ
日本でスペイン語を使った求人はたくさんありますが、
英語と比較をすると、スペイン語の求人の種類や数はどうしても乏しくなります。
ただ、正社員の求人や海外駐在員要員の求人も少なからずありますので、
日本国内でスペイン語を使ったキャリアアップも可能と言えるでしょう。
スペイン語の求人サイトも掲載しております。いつどのサイトであなたの興味のあるスペイン語を使えるお仕事が発生するか分かりませんので、小まめにサイトをチェックされることをお勧めします。
1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました