海外ひとり旅の魅力

旅行
一瞬一瞬がかけがえのない思い出!
海外でひとり旅をした思い出を語ります。

◼︎目次
  • はじめに
  • 私のひとり旅
  • 良かったこと
  • まとめ

◼︎はじめに
私には大学生の時に人生で一つ、やってみたいことがありました。それは、
「海外ひとり旅」でした。
人生で一度でもいいので、自分の未だ知らない場所を気ままにのんびりと回ってみたい!とずっと願っていました。ですが、大学生時代の私はお金があまりなく海外へ行くことさえもできないでいました。そんな中、私に転機が起ります。大学の交換留学プログラムへ受かり、返還不要の奨学金を80万円ほど支給されアメリカへ1年間留学ができるようになったのです!留学の選考を受かった時のあの感動と嬉しさは今でも忘れられません。こつこつと貯めたバイト代で留学中の冬休みの約1ヶ月の休みを使って北中米を思いっきり旅行しました。
Photo by Guilherme Stecanella on Unsplash

◼︎私のひとり旅
私が1年間、留学をしていた場所はテキサス州のデントン。そして、2014年12月15日から2015年の1月16日まではずっと旅行をしました。ざっくりとした旅程は以下の通りです。
デントン(テキサス)→サンアントニオ→メキシコシティ→グアダラハラ→ニューヨーク→ボストン→ワシントンDC→トロント→シカゴ→デントン(テキサス)
旅程は下記の通りです。ちょうど1ヶ月で9都市を回りました。
  • 2014年12月15日:デントン(アメリカ)を出発
  • 2014年12月15日〜2014年12月16日:サンアントニオ(アメリカ)
  • 2014年12月17日〜2014年12月22日:メキシコシティ(メキシコ)
  • 2014年12月23日〜2014年12月27日:グアダラハラ(メキシコ)
  • 2014年12月28日〜2015年1月3日:ニューヨーク(アメリカ)
  • 2015年1月4日〜2015年1月8日:ボストン(アメリカ)
  • 2015年1月9日〜2015年1月10日:ワシントンDC(アメリカ)
  • 2015年1月11日〜2015年1月13日:トロント(カナダ)
  • 2015年1月14日〜2015年1月15日:シカゴ(アメリカ)
  • 2015年1月16日:デントン(アメリカ)へ帰着
Photo by Juan Encalada on Unsplash

◼︎良かったこと
海外に限ったことではありませんが、ひとり旅の良い点は何と言っても「自由」な点です。あなたがどこに泊まろうが、何を食べようが、何時まで寝ていようが文句を言う人はいません。といっても学生の貧乏旅行なので格安ホステルに泊まりマックやコンビニでしか殆どご飯を食べていませんでしたが(笑)それでも、好きな時間に自由気ままに美術館へ赴き、観光をして、買い物をしました。将来のこととかたくさん考えながらいろんなところを回りほんとに充実していました。

その他、海外ひとり旅の魅力は「思い出となること」ではないでしょうか。旅行中の一瞬一瞬が私にとって良い思い出です。海外ひとり旅にはハプニングがつきものでそれも良い思い出となります。私の場合、旅行中に安いホステルに泊まり、ほとんど陸路での移動をしていたので本当にたくさんハプニングがありました。

例えばトロントからシカゴへの移動中の夜行バス。外気温は確か−10度以下だったと思います。寒い中バスを待ち、しばらくしてバスの中にようやく乗り込みました。しかし私は異変に気づきます。「バスの中も極寒の寒さ!」だったのです!そのあとすぐに車内アナウンスで残酷な知らせがあり、「エアコンが故障中」とのことでした。なんと外気温が氷点下以下のままバスはトロントからシカゴへ出発。約8時間もの間私は震え続きました。夜行バスなのに一睡もできませんでした。凍え死んでしまうかと本当に思いました(笑)でも、今振り返るとどれも良い思い出です。ああいう刺激は人間の人生には必要なのかもしれません。

◼︎まとめ
海外ひとり旅はあなたに自由さを与えます。また海外ひとり旅のどの瞬間も良い思い出として記録されていくでしょう。友達と行く旅行も楽しいものですが、たまには一人で気ままに海外を旅行してみるのも良いかもしれませんね。
1+

コメント

タイトルとURLをコピーしました